石垣島の魅力が凝縮された「石垣やいま村」を200%楽しむ方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
15241840_1779092979021577_8344345963897840534_n

ハイサイ〜!インターン歴4年目のあおいです。11月某日、3泊4日で社員旅行に行ってまいりました。

参加人数は脅威の91人!去年の約2倍!人数も活気も大幅にアップし、最高に素敵な旅になりました。

 

ということで、今回は石垣の魅力について全力でレポートしていきます。

記念すべき第一回は\石垣やいま村/です。

-目次-

1.石垣やいま村って?

IMG_9311

石垣の名蔵湾を一望できる丘にある日本最南端のテーマパーク。古き良き八重山の家並みが再現されたパーク内で、琉球音楽に酔いしれながら、様々な石垣の文化や自然を体験することができます。

 

2.リスザルとゼロ距離で触れ合える

社員、インターンの満足度がズバ抜けて高かったのが、やいま村の目玉エリア、「リスザルの森」です。
中南米原産のボリビアリスザルを自然に近い状態で飼育していて、実際に触れ合うことができます。

15241840_1779092979021577_8344345963897840534_n

なんだこの無垢で純粋な瞳は……

IMG_1119

インターンはもちろん、

okinawatrip_3409_0

マネージャーまですっかり虜に。

200円でカプセルに入った餌を購入でき、餌付けすることができるのですが、カプセルを手に取った瞬間、こんな状態ww

橋代わりのように腕を伝って肩まで登ってきます。アザトイ!!

リスザルにすっかりハマってしまい、40分以上滞在している人もチラホラ。

※かなり人馴れしていてバックの中身の物を簡単に持っていってしまうので、カバンはしっかり締めてくださいね。

3.石垣ゆび折りの絶景スポット

やいま村は高台にあるので、名蔵湾を一望できる絶景スポットが多々あります。

okinawatrip_2887

\ドドーーーーーン/
常緑樹の先に広がる碧い海に、思わずため息が。
景色を思う存分楽しみ、写真を撮った後は、ぜひ大の字になって青い芝生に寝そべってみてください。

okinawatrip_9042

都会ではできない贅沢な体験。広大な芝生と青い空を思う存分ひとり占めできます。

 

4.体験コンテンツが充実

サーターアンダギー作り体験や、マングローブ散策体験、島ぞうり作り体験等々、
やいま村にはたくさんの体験アトラクションがあります。

今回、キュービック一同はザ・定番、シーサーの色つけ体験をしてきました。

最初は、めんどくさい〜なんてぶつくさ言っていたインターンも、いざ始まると一心不乱に色塗り。笑

IMG_6786

クリエイティブチームが作るシーサーは売り物を超えたクオリティ….

14054058_1208876635859226_7490545641899817844_n 2

ん?これはシーサー??汗

okinawatrip_8542

各々まったく雰囲気が違ったシーサーができました。いい味出ていますね^^

5.女性でもペロリと食べれる郷土料理

お昼時、お腹がすいたな〜と思ったら、「あんぱる食堂」で絶品八重山そばを堪能ください。

okinawatrip_8790

佇まいからいい味でてます。

IMG_7006 (1)

セットでジューシーもついてきます。

炭水化物のオンパレードですが、あっさりしているので女性でもペロリと完食できてしまいます。

ちなみに、ジューシーとは沖縄風の炊き込みご飯のことで、豚肉や昆布などの出汁と野菜を一緒に炊き込んだものです。

24

引用:https://www.kikkoman.co.jp/kikkoman/syouyu/amakara/p197.html
現地のスーパーではおにぎりで売っていたりと、現地の人にも愛される郷土料理です。

石垣観光する際に八重山そばの名店を食べ比べる、なんて楽しみ方もいいかもしれませんね。

6.まとめ

いかがでしたか?
石垣に行かれた際にはぜひやいま村に足を運んで思う存分石垣に浸ってみてくださいね。

以上、石垣の魅力を全力でレポートしてみましたの回でした。

詳細はこちら(石垣島やいま村HP)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る