【2017年度新卒内定式】内定者決意表明〜榎本健一編〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
DSC_0944

内定者の榎本健一です。

僕は、小さい鉄専門商社を営む両親と一つ年の離れた弟のいる家庭で育ちました。

学生時代、なぜかブラジル音楽にハマり、浅草サンバカーニバルで優勝するべく大学時代の大半をサンバに費やしました。大学四年生の時に休学し、ブラジルのリオで最も古いカーニバルチームの打楽器隊に紛れ込み、サンバを習得しに行くほどにはまっていました。

仕事でもそれくらい熱中できるモノはないかと探していたところ、このキュービックと出会いました。以下は、そんな僕が行った内定者決意表明です。

「なんかちげぇな」とは言わせない

DSC_0871

 

実は僕、ゲーム事業をしている、とあるベンチャー企業から内定を頂いておりました。が、ある朝目が覚めたら、ふと思ってしまったのです。

「なんかちげぇな」

そう、それが僕の就活、2ラウンド目のスタートでした。

「なんかちげぇな」の「なんか」が何かもわからないまま、その日からWantedlyで長期インターンを探し始めました。そこでたまたま目に留まったのがキュービックです。

面接を進めていくうちに、「採用選考というつもりでインターンをしてみないか」とお誘いいただき、二週間みっちりとインターンとして働きつつ、これからの自分について考えるチャンスを頂きました。そして僕は働くうちに、キュービックの一員になりたいと強く思うようになりました。その後社長との面接を経て、ついには内定を頂き、本日に至ります。

ですが、正直に言いますと、キュービックの正式な内定を頂けたとは思っていません。

なぜなら、同期である内定者たちは、すでに長期にわたりインターンとしてキュービックで働き、「キュービックに必要な人材」として認められた人たちだからです。一方、僕はまだ仕事での圧倒的な成果を残せておらず、カルチャーフィットの側面を評価された、ポテンシャル採用だと思っています。

だからこそ、僕を信じて、期待して、推してくださった皆さんの期待を裏切ることは絶対に出来ない。必ず「1,000億企業になる」という目標を達成するのに、ふさわしい人物とならなければならないと心から思っています。

キュービックで仕事を始めて早1ヶ月。こんなに楽しく仕事をしていいのかな、と若干心配していますが、楽しいのは、きっとみんなが本気で成果に向かって進んでいるからだと思っています。素敵な仲間とともに一つの目標に向かう環境が大好きな私にとって、キュービックは最高の職場です。

これから、みなさんに「なんかちげぇな」と思われないように頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします!!

平成28年10月3日 2017年度新卒内定者 榎本健一

DSC_0944

 

キュービックでは新しいメンバー(社員・インターン)を募集中!

採用エントリーはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る