【2017年度新卒内定式】内定者決意表明〜森山あかり編〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
DSC_0973

内定者の森山あかりです。

私は幼い頃、父の仕事の関係で海外で過ごしました。

日本に帰ってきてから入った小学校では、自分だけよそ者扱いされている感じがとても嫌で、自分らしさを抑え込み、周囲に合わせるような子でした。

しかし、国際基督教大学で様々なバックグラウンドをもった人と関わる機会があり、「私は私で人は人。ありのままでいいんだ。」という考えになりました。この経験が、一人ひとりの個性を尊重しているキュービックに惹かれる理由なのかなと思います。

普段からインターンとして働いているので、慣れ親しんだオフィスとメンバーだったにも関わらず、10月3日に行われた内定式はとても新鮮な気持ちになりました。

以下は、そんな私が行った内定者決意表明です。

最高の会社を、“一緒に”つくる

DSC_0990

 

私は、就職活動中、「何をやりたいかよりも、誰とやりたいか」で会社を選んでいました。

友人がインターンとして働いていることがきっかけで、キュービックのことを初めて知りました。その時はいちキュービックファンという立場だったので、まさか自分が入社するとは夢にも思っていませんでした。

しかし、キュービックのある社員の方に就職相談にのっていただいたことをきっかけに、キュービックで働かないかというオファーを頂きました。

入社を決断するにいたるまで、キュービックのメンバーにたくさん会わせてもらいました。そこで出会ったひとりひとりの「最高の会社をつくっていきたい」という熱い想いと、「その最高の会社を“一緒に”つくろう」というメッセージに強く心打たれました。この人たちであれば信用してついていける、一緒に働いたらきっと毎日が楽しいだろうなと思い、入社を決意しました。

私は、ここに来るまでにたくさんの方に支えられ、その一方で、たくさんの方に迷惑を掛けてきました。私が今ここにいるのは、周りの方たちのおかげです。いつかその方たちに、胸を張って「この会社に入ってよかった!」と言えることが、一番の恩返しだと思っています。その為にも、感謝の気持ちを忘れず、しっかりとキュービックで頑張りたいと思います。

来年の春から、私を含め4人の内定者がこのキュービックの新入社員として働きます。

きっと、これからキュービックはものすごいスピードで大きくなり、たくさんのことが変わっていくと思います。ですが、私の大好きな「ヒト・ファースト」という経営理念はずっと変わらず、しっかりと守り続けていきたいです。

インターンから社員になることで、期待や責任、求められるものも一層大きくなります。

会社、取引先、ユーザー、上司、部下、家族etc…たくさんの人たちの期待を超えていくような世代を、内定者4人でつくっていきたいです。

平成28年10月3日 2017年度新卒内定者 森山あかり

DSC_0973

 

キュービックでは新しいメンバー(社員・インターン)を募集中!

採用エントリーはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る