【総務部歓喜】待望の機密処理サービス!すごいよ!!保護(まもる)くん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
IMG_0335

こんにちは!社長室PRのなおきです!

近年、会社の情報漏えいがニュースになることが増えてきました。

会社は顧客の個人情報や社員の履歴書など、様々な機密情報を扱っていますよね。

もちろん、どの会社も情報漏えいなど不備がないように細心の注意を払って業務を行っていると思います。

しかし、情報を扱うのが人である以上、漏えいしてしまう可能性は0にはなりません。会社としてはそれを分かったうえで、ミスの数を減らしていく努力は欠かさずにいたいものですね。

そこで今回は、最近キュービックが導入した「情報の安全を守るサービス」と、その導入背景をご紹介したいと思います。
 

もし漏えいが起きてしまったら

程度にもよりますが、情報漏えいによって失われた信頼は、なかなか取り戻すことができません。そしてその信頼は、業績にも影響を及ぼします。

例えば、派遣社員のシステムエンジニアに個人情報を盗まれた大手通信教育会社の話は記憶に新しいでしょう。その会社もいまだに情報漏えいの悪いイメージが払拭できず、3年が経とうとしている今でも業績の低迷が続いていると聞きます。

大きな会社であればあるほど、「自分ひとりくらい平気だろう」「誰かがどうにかしてくれるはず」「これくらい大したことない」なんて考えが社員の中に生まれやすいもの。
会社と社員や社員同士の関係が希薄になればなるほど、ひとりひとりの危機意識も薄くなりがちです。ですから、会社はセキュリティーについてしっかりと考えながら、同時に社員との強い信頼関係を築く必要性があるとも言えます。

ところで、デジタルデータの流出が注目される一方、情報漏えいの半分近くは紙の紛失などによって起こっているというデータがあることを知っていますか?

でもシュレッダーは意外と大変

pixta_10124944_M

もちろんキュービックでも個人情報はじめ、機密情報については極めて厳重に取り扱っています。
紙での情報漏えいに対する対策としては、多くの会社同様シュレッダー処理を行ってきました。

しかし、シュレッダーだとどうしても紙が詰まってしまったり、ゴミがすぐにいっぱいになってしまったりと、掃除の手間がかかります。
ついでに言わせてもらうと、シュレッダーって一回ごとに地味に時間かかるじゃないですか。それも苦痛。。。

仕事が忙しい中、シュレッダーに時間を取られてしまうのは、生産性が低く効率が良いとは言えません。

そこで、この「シュレッダー生産性低い問題」を解決すべく、とある社員からサービスの導入提案があったのです。

その名もまもるくん

IMG_0275

こちらがキュービックで導入された「保護くん(まもるくん)」です。
キャラクターが可愛らしいですね!

このまもるくん、簡単に説明すると、顧客資料や電話のメモ、不要になった履歴書、宛名の書かれた封筒など、情報流出の可能性のある、あらゆる書類を安全に処理してくれるサービスなんです!

キュービックではA(アホだから)T(とりあえず)Y(やってみる)というクレド(メンバーが大切にしている考え方・行動指針)があり、その一環で試しに導入したみたところ、評判が良かったため本格採用となったんです。

さっそく使ってみた

それでは、さっそく書類を投入してみましょう!

IMG_0286

ポストみたいに簡単に投入ができます!(書類が取り出せないように入口のバネは固めです)

IMG_0281

はい、これが鍵穴です!当たり前ですが、カギがないと中身を見ることもできません。
驚くことに、まもるくんを回収にやってくる業者の方もカギは持っていないそうです。

後ほどご紹介しますが、中の書類を処理する際、このカギを開けるのはなんとロボットアーム!
安全確保にものすごくこだわっているんですね!

そしてもう一つの大きなメリットがあります。
なんとバインダーやファイル、クリップなどを付けたまま放り込めるということです。

IMG_0290

シュレッダーだと、いちいちクリップを外したり、この枚数だと詰まるかな、、、なんて考えて処理していましたが、
まもるくんならこんなこと気にせずポンポンと放り込むことができます。

かなりおすすめのサービス

実際に私も2か月ほど使ってみましたが、ものすごく便利です!

シュレッダーゴミが出ないうえ、この書類はシュレッダーかゴミ箱かと迷う必要がなくなったので大変楽になりました。

詳しくは、こちらのムービーをご覧ください。機密情報を守るために注いでいる労力が半端じゃありません。
これだけ力を入れているから、40年間で情報漏えいが一度もない、という実績をつくることができているんですね!

書類だけでなく、パソコンの粉砕処理などもやってくれるのだそう!ご興味のある方はぜひ、保護くんの導入をご検討されてみては?

保護くん 機密処理サービス

キュービックでは新しいメンバー(社員・インターン)を募集中!

採用エントリーはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る