いまさら聞けないA/Bテスト!サクッとわかりやすく解説します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
pixta_26939953_M

すっかり暖かくなり、花粉の季節到来ですね。花粉がつらい、社長室PRチーム菊地です。

今回は、ウェブ制作には欠かせないA/Bテストについてご紹介します。A/Bテストは、オバマ前大統領が選挙時に実施し、大きな成果をあげたと一時期ニュースでも話題になりました。なんとなくA/Bテストという単語は聞いたことはあるけど、具体的に何をするのかわからない、そんなあなたのためにわかりやすく解説していきます。

A/Bテストとは

Vector illustration of ab testing flat design concept.
そもそも、A/Bテストとはどのようなテストなのでしょうか。カンの良い方はもう察しているかもしれませんが、A/Bテストとは、Aパターン、Bパターンと2つパターンを用意して、どちらの方が高い成果を上げられるか検証するというもの。Web業界ではよく使われている検証方法の一つで、サイト内のデザインの一部や見出しなどを数パターン用意し、実際に運用しながら、最適化を行なっていきます。主にクリック率(コンバージョン)をあげることを目的として実施するテストで、スプリットテストとも呼ばれています。

A/Bテストのやり方

A-B comparison. Split testing. Scematic concept vector illustration

A/Bテストという形式張った名前から、難しそうと敬遠されがちですが、やり方自体はとっても簡単です。検証したい部分を2パターン用意するだけでいいのです。

png

設定した期間中に緑色のボタン、赤色のボタンというように2パターン用意して反響の比較を行います。そうすることで、どちらの色がユーザーにクリックされやすいのか検証することができます。色の検証を終えたら、次はボタンの形、見出しの文言、というように比較検証を繰り返していく。劇的に成果があがることは少ないですが、小さな改善を続けていくことで、結果として大きな成果へとつながっていくのです。

たかがボタンと思われるかもしれませんが、ボタンの色が変わるだけでもクリック率が2倍に向上するケースもあるので侮れません。

A/Bテストを行うメリット

A/Bテストを行う最大のメリットは、コストがかからない点にあります。運営しているサイトのクリック率が思うように伸びない時、サイトを一から作り直すのでは費用や工数もかかってしまいます。その点、A/Bテストは一箇所ずつ比較し改善していくので、費用も工数も最小限に抑えることが可能です。サイトをまるっとリニューアルしたけど成果が上がらなかった、といった最悪の事態も回避することができます。

A/Bテストを行うデメリット

A/Bテストで正確なデータを得るためには、ある程度の期間とサイトの流入数が必要となります。A/Bテストというのは、比較して検証するというものなので、そもそもサイトを利用している人が少なければ検証になりません。サイトの流入数にもよりますが、検証期間は最低でも1週間はみておくことをオススメします。そしてA/Bテストは、しっかりと事前に仮説を立てておかないとなぜ成果が上がったのかわからなくなってしまいます。よって、事前に仮説をしっかりと明確にしておく必要があります。

A/Bテストで意識したいポイント

pixta_27026616_M

A/Bテストを行うためには、以下の3点を意識しましょう。

1.改善したい課題を明確にしておく

もっとも重要なのが、なぜA/Bテストを行うのか、改善したい課題が何なのかを明確にすること。というのも、A/Bテストはコストもかからず気軽に行えるため、なんとなく始めてしまい無駄になってしまうケースも多々あります。

しかし、なんとなく成果が上がるのではとA/Bテストを始めてしまうと、そのままでよかったものを改悪してしまい、本来であれば得られていたはずの成果を取りこぼしてしまうことも。また、A/Bテストを繰り返していくうちに、気がついたらまったく見当違いな検証をしていた、なんてことにもなりかねません。

ですから、現状のコンバージョン率が低い、離脱率が異様に高いといった明確な課題がある場合にのみ行い、得たい成果は事前にはっきりさせておく必要があります。

2. しっかりと仮説を立てる
hypothesis word on yellow brick wall

繰り返しになりますが、A/Bテストは何でもかんでも検証してみれば良いというものではありません。なぜこのパターンを検証する必要があるのかを明確にする必要があります。ユーザーは、こう考えているはずだから、こういうパターンを検証してみる、というようにしっかりユーザーのインサイトを読むことが大切です。

3. 一度に複数のA/Bテストを行わないこと
pixta_23213694_M

複数のA/Bテストを同時に行ってしまうと、どの検証によってもたらされた成果なのか分析することができなくなってしまいます。A/Bテストはその性質上、どうしても時間がかかってしまいます。しかし、「早く最適化させたい」というはやる気持ちを抑え、地道に1つずつ検証するようにしましょう。

A/Bテストが日々の生活を豊かにする

pixta_22309087_M

「A/Bテストのことはなんとなくわかったけど、ウェブページはおろかブログもやってないし、私には関係ないなあ」と考えているあなた。実はそんなことはありません。A/Bテストは様々な場面で活用することができます。今回は、私がウェブ以外の場面でA/Bテストを行なった例をご紹介します。

例えば、1日の終わりに業務内容や反省などを送る日報。キュービックでは、社員同士が日報に返信できるようになっているのですが、めんどくさがりな私は、日報を書くことが好きではありませんでした。

ある日、「人は目標を設定することでやりがいを感じることができる」と気がついた私は、日報にもなにか目標を立てることにしたのです。いろいろと考えたのですが、「社長から日報に返信をもらう」という目標を立てました。うちの社長はマメなので、社員の日報に定期的に返信しているのですが、私は、入社してから2度しか社長に返信をもらったことがなかったのです。もしかしたら嫌われているのかもしれない、そんな懸念すらありました。そこで行ったのがA/Bテストです。

まず、目的を設定します。

目的:社長からの日報返信率を7%から15%にあげる

15%に設定した理由ですが、日報を多く返信してもらっていた社員の返信獲得率がなんとなく15%前後だった気がしたのでそうしました。

次に仮説を立てます。

社長がエゴサーチしている説

毎日、社長が200人以上の社員の日報に目を通している可能性は低いので、「社長」「世一」というキーワードでメールボックス内を検索しているのではないかという仮説を立ててみました。

期間に定めた2ヶ月間、キーワードを含んだAパターンと含まないBパターンの2パターンで日報を送り続けました。結論から言うとAパターンでは、著しく返信率を上げることに成功しました。キーワードを含まない日報の返信率が7%だったのに対し、キーワードを含めた日報への返信率は27%という結果に。約4倍です。

これは社長、エゴサーチしてますね。

そのほかにも、キュービックが力を入れている「生産性」というキーワードでも検証を試みたのですが、返信率に変動はありませんでした。

実際にA/Bテストをしてみて

pixta_4726851_M

私は、普段からA/Bテストを行うようになって、ロジカルに物事を捉えることができるようになった気がします。そしてなにより楽しむことができました。ただ日々の業務や振り返りを綴っていた日報が、A/Bテストを行うことにより良い意味でゲーム感覚になり、エキサイティングなものへと変貌していったのです。

そのほかにも私は、業務に追われてピリピリしている上司への声の掛け方や、自宅で漬けているぬか漬けのより美味しい漬け方など、多方面にわたりA/Bテストを実践しています。

もし、あなたが普段の生活に退屈しているのであれば、ぜひA/Bテストを試してみてはいかがですか?

A/Bテストは必要不可欠

Modern flat line vector illustration icon design concept. Icon for mobile and web graphics. Flat line symbol, logo creative concept. Simple and clean flat line pictogram

ウェブでサービスを運営している方には必要不可欠なA/Bテスト。一度の検証で劇的に成果が上がることはありませんが、わずかな改善を繰り返していくことで大きな成果につながっていきます。現状の成果に課題や不満を感じている方は、おすすめですよ!

キュービックでは新しいメンバー(社員・インターン)を募集中!

採用エントリーはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る