【後編】「職能別から事業部制へ」キャリマで働くメンバーに話を聞いてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
IMG_0995s

前編に戻る】
前編ではキャリマの仕事内容や、面白さについて話をきいてきました。

ここからは、さらに深掘りして、身につくスキルセットや、新しいメンバーに求めることなどを聞いていきたいと思います。

キャリマに配属されて苦労したこと

IMG_1020

nishiayama
他の部署と比べて、キャリマはこんなところが大変かも!なんてところはありますか?

hatsuno2
マネージャーの古井がもともとコンサル会社出身ということもあり、戦略立案や資料作成の能力が本当に高い。そのレベルに合わせて、質の高いアウトプットが求められるので、面白くもあり、大変でもあります。(笑)

anan2
確かに、目的やゴールをはっきりさせてから走り出すことを常に求められますよね。

hatsuno2
そうそう。とにかく最短で最高の成果をあげるためにはどうするべきかと問われ続けます。

これは会社のフェーズ的なこともありますが、今まではがむしゃらに走る、走りながら少しずつチューニングしていくということが多かったんです。

PDCAのサイクルでいうと、D,Aの部分に多くパワーを割いていたというか。走り出す前にとことん準備をしようとか、走り終わった後もしっかりと結果を整理して必ず資料として残そうとか、PlanとCheckのところへの意識がまだまだ甘かったので、古井が入ってすぐの頃はとても苦労しました。

キャリマで働くメリット

IMG_1017
nishiayama
みなさんが考える、キャリマで働くメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?

hatsuno2
繰り返しになってしまいますが、キャリマはキュービックの中でも、一番ベンチャーらしいディビジョン。裁量が大きく、さまざまな業務に関わることができるのはメリットだと思います。

制度の立案から、広告運用、コンテンツの作成に関することまで、身につくスキルセットはとても多いはずです。

nishiayama
若いうちは吸収力も高いし、自分の適性についても模索段階ですもんね。多くの業務に関わることができ、キャリアの幅を広げられるというのは貴重な場所ですね。

sekiya
インターンの立場として、身をもって感じている「キャリマで獲得した大きなもの」は、コンテンツマーケティング周りの知識と実践経験ですね。

座学ではなく、実践であらゆることを学べる環境がここにはある。サイトにどういった対策を施せば検索順位で上位表示させることができるのか、今では自然にわかります。

WEBライティングの力もつくし、広告運用の方法、コピーライティングなんかもできるようになりました。

nishiayama
WEBライティングというのは、コンテンツの価値をGoogleやヤフーなどの検索エンジンから適切に評価してもらうための技術ですよね。普通の学生だと、WEBライティングやコンテンツマーケティングという言葉さえ聞いたことない人も多いでしょうから、就活でも有利に働きそうですね。

anan2
あとは担当する業務にもよるのですが、フォトショップやイラストレーターを使えるようになります。フォトショップが使えると、大学の友達に自慢できますよ!何しろ写真を可愛く加工できるんですから。私は業務でよく使うので、証明写真なんかも自分で加工しちゃいました。(笑)

nishiayama
それは大きなメリットですね!写真加工って専門の会社さんにお願いすると結構なお金がかかりますかね。

sekiya
任される業務もまったく異なるので、みんながフォトショップを使えるわけではないですけど、間違いなくWEBやPCには強くなりますね。

anan2
それ以外にも、毎日ライティングをしているので単純に文章力やストーリー構築力が磨かれます。長い文章でも抵抗なく書けるようになりました。

nishiayama
それはレポートに追われる大学生としてはめちゃめちゃ有効なスキルですね!インターンで社会経験を積むだけではなくて、そういうスキルも手に入るのは魅力的だと思います。

こんな人に来て欲しい

IMG_1048s

実は今、キャリマでは事業拡大に伴い、新しいメンバーを募集しているのだそう。そこで、キャリマに向いている人、ぜひ来てほしい人物像について聞いてみました!

nishiayama
どんな人に来てほしい、どんな人ならうまく働ける、みたいな人物像があればお聞きしたいです!

hatsuno2
やっぱり一番大事なのは素直で明るくいい子。でも実は負けず嫌いで、内には闘志を秘めている、みたいな人が理想ですね。

数字がものすごく苦手っていう人でも、意欲があれば頑張り次第でなんとでもなると思っています!

sekiya
自分はとにもかくにも体育会系がいいですね!走り込みとかしてた子w

anan2
(関谷さんのいる)HOPはフィジカル重視ですからねw

hatsuno2
あとは、チーム活動してた子がいいかなぁ!

sekiyaanan2
それは同感!

hatsuno2anan2sekiya
わいわいガヤガヤ・・・

nishiayama
。。。

<おまけ>昔の自分は、こんな子だった

IMG_1029
上記の人物像に合わない…。と絶望する人にも希望を持ってもらうために、最後にちょっと方向性を変えた質問をしてみることにしました。

nishiayama
はい!ということで理想の新メンバーについて語ってもらいましたが、最後にみなさんに入社当時はどんな感じだったのかお聞きしたいと思います。

もしかしたら、今は理想の人物像に合わなくても、これからなれるかも知れないですから!(私とか。。。)

hatsuno2
なるほど(笑)

sekiya
確かにそうですね。

私がインターンとして入ったばかりの時は、あんまり業務に対して熱くなれていなくて、言われたことだけしかやらない子でした。受け身姿勢で、上司も苦労したと思います。

でも、入ってしばらくすると、同い年のインターンがMVPを取っていたり、周りから頼られていたりする姿を見かけるようになった。完全に火をつけられました。

今まで何やってたんだろう、俺とあいつは何が違うんだろう。そんなことを考えるようになって、「自分もみんなみたいに会社に必要とされる人間になりたい」と意識が変わり、働き方も変わっていきました。

nishiayama
私もその感覚はわかる気がします。同い年の人が活躍しているのを見ると、負けたくないって思いますよね。

anan2
私も入社当初はひどく上司を困らせていましたね。すごくトゲトゲしていて、個人思考。

一人で結果出して、一人でMVPとって、一番になるんだって考えていたんですけど。この会社で働いているうちにMVPを取るためには、さらにいうとビジネスパーソンとして魅力的な人間になるためには、それではダメなんだと気付いて。

活躍している人の共通項を探っていくと、自分のやりたいことだけをやっているひとっていないんですよね。みんな周囲や相手の存在を強く意識していて。相手の期待に応える、期待を超えていくことを大事にしているなと思いました。

それからは周りの人と一緒に、どうやって成果を上げていけるのかという思考で働くようになりました。

hatsuno2
私も、インターンの時はチームのことはあまり考えていませんでした。一人でひたすら業務をこなして、終わったら帰るみたいな。

でも中途として戻ってきてからは、この会社の本当の価値が見えるようになり、この会社をもっと世の中に知られる存在にしたいと考えるようになりました。

それからは、個人視点ではなく、チームとして、会社としてどうすることが最適かを考え続けています。

nishiayama
なるほど。今でこそ人を巻き込んで、素直に明るく前進するみなさんですが、初めからそうだったわけではないのですね!

hatsuno2
人はいくつになっても変われます!変わることを望むかぎり。

nishiayama
私も頑張れる気がしてきました!ありがとうございます!

そんな成長機会溢れるキャリアマーケティングディビジョンは社員・インターンともに新メンバーを募集中。

この記事を読んで、「このメンバーと一緒に働いてみたい」「学生のうちに色んなスキルを身につけたい」なんて思ったあなた!ぜひ下のボタンからご応募ください!!

キュービックでは新しいメンバー(社員・インターン)を募集中!

採用エントリーはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る