【社長に聞いてみた】“中小企業”と“ベンチャー企業”の違いとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
DSC_0366

こんにちは!キュービック社長室PRチームのあかりです。17年度新卒の内定者、4月まではインターンとして働いています。

さて。先日社長がこんなことを言っていました。

中小企業から、ベンチャー企業へ ーー

syatyou1

先日10周年を迎えたキュービックは今、会社名とか…

cuebic1

コーポレートロゴとか…

cuebic2

経営理念とか…

cuebic3

コーポレートミッションとかとかとか…

cuebic4

いわゆる「コーポレートアイデンティティ」と呼ばれるものを大きく変更し、「中小企業から、ベンチャー企業へ ーー」を目指しているところです。でも一体・・・

“中小企業”と“ベンチャー企業”って、何が違うんでしょう?

DSC_0507

雰囲気はぼんやりイメージできています!だけど、いざ違いを聞かれると説明が難しいなあと。

ベンチャー企業の方が「なんとな〜く忙しくて残業も多く、不安定な会社」というイメージがありますし、

00_PP18_PP_TP_V

一方の中小企業は「あまり有名ではなく、そう大きくない会社」というイメージを漠然と持っています。

CSS_ookinamonitaisu1292_TP_V

「ベンチャー化」をテーマとしている以上、キュービックは「もともと中小企業だった」「現在はベンチャー企業として生まれ変わっている」ということになるわけですが、本質的にどこをどう変えたいんでしょうか?

キュービックが目指す“ベンチャー像”を、内定者として正しく捉えておかねば!

そこで、今回は思い切って社長に聞いてみました。

大手企業とメガベンチャーは、何が違うの?

あかり:社長!質問です!!

社長:なに?

あかり:ズバリ、このあかりにもわかるよう、社長の考える中小企業とベンチャー企業の違いを教えてください!

社長:あかりに理解できるかどうかは別として、まあいいよ。

あかり:ありがとうございます!

社長:中小企業・ベンチャー企業という2択だと確かにわかりにくいかもしれないね。

あかり:そう!そうですよね!やっぱり!そうでしょ!!わかりにくいんです!

社長:・・・(笑) じゃあ“大手企業”と“メガベンチャー”だったら、あかりはそれぞれどういう会社を思い浮かべる?

DSC_0150

あかり:わ!逆質問ーーーっ!!う〜ん…そうですね〜。“大手企業”と聞くと、メガバンクや証券会社・保険会社、また自動車メーカーや総合商社、大手広告代理店などを思い浮かべます。長い歴史があって中身が整っていて、安定して働ける会社というイメージがありますかね。

社長:なるほどね。じゃあメガベンチャーは?

あかり:“メガベンチャー”と言えば、やはりDeNAさんやサイバーエージェントさん、LINEさんのようなIT企業を思い浮かべます。新しいジャンルでもんのすごい速度で急成長し、若い社員が多くて、ワクワクするイメージですね!あとなんかこう、、どことなく漂うオシャレ感!笑

社長:ふむ。

ベンチャー企業かどうかを分ける、3つのポイント

社長:じゃあ、その“大手企業”と“メガベンチャー”の違いを、そのまま“中小企業”と“ベンチャー企業”の違いに落としてみたらいいんじゃない?

DSC_0397

あかり:ほお!その発想はなかったです!!!やってみます!

ということで改めて考えてみたのですが、以下の3つがポイントかなと。

(1) 比較的新しい業種

これが全てというわけではなさそうですが、IT、アプリ、スマホ、ネット、テクノロジー・・・などなど、「ベンチャー」と言われる会社にはやはり新しいジャンルの業種が多いですね。

(2) 新しいものを作る、もしくは古いものを壊す

例えば、同じ金融系の会社だったとしても、メガバンクや大手の保険会社は「大手企業」に分類されそうですが、Fintechの会社はベンチャーっぽいです。分野やジャンルで決まるものではなく、「新しいものを作ろう」「古いものを壊そう」という企業のビジョンやミッションは大きな違いなのではないかと思いました。

(3) 成長率が高く、リスクに対して積極的

社長:毎年数パーセントずつの安定成長〜みたいなのは、僕らの会社には求められてないんだよね。

ベンチャー企業というのは「リスクを回避する」というよりは、「積極的にリスクをとってリターンを得にいく」ことを期待されているというように思います。リスクに対する姿勢というのは大きな違いなのではないかと!

大きい会社であればあるほど(特に上場していれば尚更)、会社は社会経済を背負うため、リスクを積極的にとるというのは難しくなりますね。「中小企業」に分類される会社も、長くお世話になっている取引先との安定的な関係で成り立っていたり、従業員の安定した雇用を大事にしていたりと、やはりリスクに対しては消極的な印象。

高い成長率を求めて、積極的にリスクをとるのがベンチャー企業の特徴の1つと言えそうです。

まとめ

あかり: ・・・と思ったんですがどうでしょうか!

DSC_0296

社長:うん。ま、そんなとこなんじゃないかねえ。

あかり: よっしゃ!

社長:結局さ。身の丈を超えるような大きなビジョンに向かって、“成長”じゃなくて“急成長”したいんだよ。がんばろな

あかり: へいっ!

やる以上はうんとおっきいことやりたい。イケてるベンチャーを目指して内定者あかり、これからゴリゴリ頑張っていきたいと思います!!!

それではまた!

キュービックでは新しいメンバー(社員・インターン)を募集中!

採用エントリーはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る