【その3】緊急開催Wantedly HRmeetup!番外編 社長に聞く!〜はじめてのインターン採用と戦力化から新卒採用まで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
18033134_1363313237082231_878325691049955919_n

こんにちは、キュービックのONA-KAMAライター(外部ライター)の渡辺です。いよいよパネルディスカッションがスタート!【その3】では、【その2】で繰り広げられた「インターン生戦力化の工夫」の議論の続きをお送ります。

インターン生を戦力化するためには

sawaki
インターン生戦力化の工夫が他にもあれば、もっとお伺いしたいです!

yoichi
そうですね。インターン生たちを、さらにインターンとシニアインターンの2階層に分けていること、でしょうか。

sawaki
え、キュービックさんではインターン生に階層があるんですか!?

yoichi
はい。シニアに選抜された学生には、社内の横断プロジェクトのリーダーを任せたり、一定レベルまでのインターンの教育担当としての役割を任せたり、採用や広報の現場といった会社の看板を背負って話をすることが求められる場に立つことができたり。他のインターン生より大きな裁量や責任、成長機会を得ることができます。

ちなみにシニアインターンになれるかどうかに、社歴の長さは関係ありませんね。

sawaki
面白いなぁ。インターン生は本当に、組織の立派な一員なんですね。単純な労働力ではなく、会社の戦力として存在していると。インターン生ひとりひとりのポテンシャルが十分に発揮されれば、組織全体の活性化にも繋がりますね。

イベントの様子

sawaki
弊社では現在、4名のインターン生が働いてくれています。みんなそれぞれ頑張ってくれてはいるんですけど、正直なところモチベーションという側面ではバラつきがあるんですよね。。。

キュービックさんでは、そういったモチベーションマネジメントって、どうされていらっしゃるんですか?

yoichi
そうですね…すごくわかります。モチベーションって、結構露骨に出勤時間に表れてきますよね。(笑)

sawaki
そうなんです。モチベーションが落ちてしまうと、なかなか思うように出勤してもらえなくなったりして、業務管理が大変で…。

yoichi
キュービックでも、テスト期間中や卒業旅行で出勤頻度や出勤時間が減るというケースはもちろんありますよ。ただし、月の勤務時間60時間以上というのは採用時の条件として約束してもらっているので、最低限のラインは担保できるようになっています。

それと、キュービックのインターンは副業も禁止にしています。

sawaki
へえ〜!副業も禁止とは、徹底されてますね!

yoichi
学生時代の貴重な時間を使って働いてくれるのだから、中途半端に取り組んで、ふわっとした経験に止めてもらいたくないんです。

せっかく働くなら、高い当事者意識を持って働いてもらいたい。こちらも本気で向き合うので、そちらも本気で向き合ってほしい。できるだけ集中してたくさんのことを吸収してほしい。そんな思いからです。

そこの合意形成がしっかりと行われた中でともに仕事をするから、インターン生にも大きな裁量の仕事を任せられているのかもしれません。

sawaki
なるほど。たしかに、そこの合意がとれていると、仕事を任せる側として安心感があります。

yoichi
あと、モチベーションマネジメントという点で取り組んでいることを補足するなら、現場でのOJTや全社的に1on1を積極的に実施していることですね。1on1をめちゃくちゃ実施しているので会議室が足りなくて困っているくらいです。(笑)

そんな感じで、組織全体でインターン生のモチベーションマネジメントと向き合っています。

パネルディスカッションも一段落

世一さん

▲話を終え、オフィスおかんのお惣菜を頬張る世一さん。

世一さん

▲おかんのお惣菜がまたお酒に合うこと合うこと!

DSC_1453

▲ほろ酔い気分で気持ちが良くなったのか、森實さんにおいては小指が立ってしまっています。

お惣菜

遅ればせながら、私もおかんさんのお惣菜をいただきました。どれも甲乙つけがたい美味しさでしたが、中でも写真手前に写る「南瓜とアーモンドのサラダ」が絶品でした。

おかんさん曰く、一番の人気メニューなのだそう。私の味覚にブレはなかった!!

美味しすぎたので、定期的にキュービックのオフィスに行ってご馳走になろうかと思います。ごちそうさまでした!

ここからは懇親会!

おかんさん

おかんさんのスタッフの方々は、割烹着を着用。素敵〜!

お惣菜づくりのこだわりについて聞いてみると、「岩手県や愛媛県、香川県など全国各地の厳選した食材を使用していて、食品添加物を極限までおさえています!」とのこと!そりゃおいしいわけですね!

インターン生

イベントも終盤に差し掛かり、料理の配膳やゴミ袋の用意などこの後予定されている懇親会に向けての準備が整った様子。

インターン生

それにしても、本当に楽しそうです!一緒に働くスタッフ同士が、いかに強い信頼関係で結ばれているのかがよくわかります。

取り分けるインターン生

前半は「冷めても美味しいお惣菜」をいただきました。後半は、改めて「温めても美味しいお惣菜」が次々と運ばれてきます。

参加者全員分のお惣菜を紙皿に取り分ける人、ソフトドリンクやアルコールを用意する人と、分担しながら効率的に準備を進めています。

世一さんとスタッフ

話を終えた世一さんとスタッフの仲睦まじい様子にほっこり。社長とインターン生の距離の近さを改めて感じたワンシーン。

懇親会

イベント終了後、フロアは懇親会会場に早変わり。

参加者同士、互いの企業の紹介やインターン生の採用について相談し合う様子が数多く見受けられました。

イベントを終えて

今回は、「緊急開催Wantedly HRmeetup!番外編 社長に聞く!〜はじめてのインターン採用と戦力化から新卒採用まで」を取材させていただきました。

終了後、イベントの進行を務めた武藤さんが、こんなことをおっしゃっていました。

「インターン生の受け入れに戸惑っている企業はたくさんあります。でも、受け入れるからこそ気がつける自分自身や自社の成長ポイントもきっとあるはず。自分自身や自社の成長機会として、インターン生を受け入れることもぜひ検討してほしいと思います」

「採用のミスマッチにより、新卒で入社した社員があっという間に退職してしまうという話もよく聞きます。そうした採用のミスマッチをなくすソリューションとしても、インターンという仕組みは非常にいいものです。インターンという制度が普及すれば、企業も個人ももっと幸せになれるはず。1人でも多くのヒトが楽しく働ける活動を続けていきたいです」

私自身、今回イベントに参加して、インターンシップという仕組みは非常にメリットの多いものだと感じました。

今後インターン生の受け入れに悩む企業の方や、就活に悩む学生に出会った際には、今回のイベントを通じて得た情報を共有しつつ、一歩前に踏み出すお手伝いができたらいいなと思っています。

貴重なお話の数々ありがとうございました!

キュービックでは新しいメンバー(社員・インターン)を募集中!

採用エントリーはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る