【イベントレポ】おかん×キュービック!長期インターン採用イベントに潜入取材!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
event

こんにちは!キュービックのONA-KAMAライター、渡辺です。今日は、株式会社おかんさんのオフィスにお邪魔しています。

event

「おかん×キュービック 長期インターン採用イベント」は、株式会社おかんさんとキュービックのコラボイベントです。各社で働く2名のインターンから、長期インターンシップをはじめたきっかけや働く魅力についてお話を聞けるとのこと!実際に現場で活躍するインターンから、一体どんなお話が聞けるのでしょうか!

まずは各社を紹介!

event

まずは、各社について簡単にご紹介します!

♦︎株式会社おかん

イベント会場となっている株式会社おかんさんは、“働くヒトのライフスタイルを豊かにする”をミッションに、法人向けのプチ社食「オフィスおかん」と、個人向けお惣菜定期仕送り「おかん」のサービスをおこなっています。気になるお惣菜のご紹介については後ほど!

株式会社おかんで働くインターンは、採用や新規プロジェクトのリーダーを任せてもらえるなど、多くの成長機会を得ることができるんですよ!

株式会社おかん

♦︎株式会社キュービック

おなじみ株式会社キュービックは、「ヒト・オリエンテッドなデジタルマーケティングで、みんなの明日が変わるキッカケを生み出し続ける」をミッションに、自社メディア事業や成果報酬型の集客代行事業を手がける会社。

従業員全体の60%近くのインターンが、メディア運営やインターン採用などの実践的な業務に従事し、多岐にわたって活躍しています!

株式会社キュービック

株式会社おかんのオフィスは我が家のような安心感

okanoffice

株式会社おかんさんのエントランスは、とても広々としていて開放感があります。

event

オフィスの至るところには、「オフィスおかん」専用の冷蔵庫が置かれています。伺った日は、ちょうど1ヶ月一度のメニューの変更日だったため、導入企業に人気のお惣菜「かぼちゃサラダ」はありませんでした。(私もとても好きなお惣菜なので残念……。)イベント後におこなわれる懇親会では、自慢のお惣菜をいただけるとのこと!楽しみです〜。

event

その後もオフィスの探索を続けていると、オフィスの一角に設置された畳スペースが目に留まりました。ちゃぶ台が置かれたこのスペースでは、仕事はもちろんミーティングにも使われているとのこと。場所を変えて仕事ができるだなんて、思いもよらないアイデアがひらめきそうです。

event

そうこうしているうちに、続々と参加者が集まりはじめました。近くに座っている参加者同士で「どこの大学ですか?」「僕、インターンに参加したことなくて……」など、それぞれが積極的にコミュニケーションをとっていました。

株式会社おかんの熱いプレゼン!

sawakisan

会社のビジョンや求める人材について、身振り手振りを交えながら熱くプレゼンするのは、株式会社おかん代表の沢木恵太さん。一緒に働くインターンには特別なスキルは求めておらず、“働くヒトのライフスタイルを豊かにする”というミッションへのフィットを何よりも大切にしているのだそう。

event

会場からは「へぇ!」という声が漏れるなど、参加した学生たちは沢木さんの熱のこもったプレゼンに聞き入っています。ワークフードバランスにこだわる株式会社おかんさんでは、現在、新規事業開発、広報・PR、メディアの立ち上げなど、さまざまな部署で積極的にインターン採用をおこなっているとのこと!

『ヒト』にとことん向き合うキュービック

event

株式会社キュービックの魅力について語るのは、経営推進室(旧:社長室)の荒木珠里亜さん。ときおり参加者へのクイズの出題や笑いを交えるなど、会場をどんどん引き込んでいきます。

event

そんな、荒木さんのプレゼンする姿に真剣な眼差しを向けるのは、同部署の上司である宮川雅大さん。うん、うん、と深く頷きながらそっと見守っています。

event

手元の会社案内資料と荒木さんを交互に見つめながら、キュービックが目指すビジョンとその事業内容について興味津々な様子の参加者たち。

インターン2名によるトークセッションがスタート!

event

各社のプレゼンのあとは、株式会社おかんの大森愛美さん(写真右側)と、株式会社キュービックの長嶋友基さん(左側)が登壇し、トークセッションがスタート!

2名とも、会社のロゴがプリントされたユニフォームを着ています。どちらもコーポレートカラーを使った鮮やかな色合いで、とてもかわいいですね。

トークセッションでは、大森さんと長嶋さん、それぞれのインターンシップをはじめるまでのストーリーや現在の具体的な業務内容、インターンシップとアルバイトの違いについてなど、話の内容は多岐にわたりました。

ともに一緒に働く学生に対しては、カルチャーフィットや理念への共感を重要視しているのだそう。長嶋さんは「一番大切なのは素直さ」と話しており、上司からフィードバックをもらったときに「ありがとうございます!」と受け入れられる人は、仕事の飲み込みが非常に速いのだそう。

event

イベント前は、「自分に自信がない」「スキルも才能もない自分がちゃんと働けるのかな」など、不安を口にする参加者の姿が見受けられました。しかし、「社会に出ること」に対して漠然とした不安を抱えていた参加者にとって、実際に企業で働くインターンのリアルな話は心に刺さったはずです。

イベント後は懇親会会場へと様変わり

event

トークセッション後の懇親会では、オフィスおかんのお惣菜をいただきます!株式会社おかんさんが、この日のために熱々のお惣菜を用意してくださいました。どれも美味しそうです!

event

献立は、写真左側から、牛蒡(ごぼう)とひじきのサラダ、さばの塩焼き、豚の角煮(和風)、菜彩鶏と切干大根煮の4種類!私もいただいたのですが、牛蒡(ごぼう)とひじきのサラダが特に絶品でした。「やばい、うまい」と言いながらおかわりをしに来る参加者がたくさんいましたよ。

イベントを終えて

懇親会では、登壇した2名の学生の元に駆け寄り、積極的に質問をする参加者の姿が数多く見受けられました。長期インターンシップという、一歩を踏み出すキッカケになったのではないでしょうか。

やはり、現場で働くインターンの“リアルな話”は影響力が大きいな、と改めて思えるイベントでした。

経験豊富な大人たちと一緒に働くことができる長期インターンシップは、学校生活では得られない経験値を積むことができたり、仕事を通して「お金を稼ぐとはどういうことなのか」ということを学べたり。成長に繋がる素晴らしい機会です。本日は、取材をさせていただき誠にありがとうございました!

キュービックでは新しいメンバー(社員・インターン)を募集中!

採用エントリーはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る