【CAグループ×Retty×CUEBiC 3社合同インターン説明会レポ】大学生が「本気」で長期インターンシップをする理由って?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
3ibe20

こんにちは!キュービックの経営推進室PRチーム、インターンの田中です。先日、「CAグループ×Retty×CUEBiC 3社合同インターン説明会」に行ってきました!今回はその様子をレポートします!

どんなイベントなの?

3ibe1

株式会社サイバーエージェントのグループ会社(株式会社ハシゴ)主催でおこなわれたこのイベントは、実際に企業で働くインターンから、長期インターンシップの魅力について話を聞いてみよう!というもの。現場ならではのリアルなお話が聞けそうですね。

今回登壇する3社をご紹介!

イベントの様子について触れるまえに、登壇する3社についてご紹介しましょう!

●株式会社サイバーエージェント

「21世紀を代表する会社を創る」というビジョンのもと、インターネット関連事業を軸に、広告、メディア、ゲームなどさまざまなサービスを展開しています。アニメや音楽、スポーツなどを無料で楽しめる『AbemaTV』やソーシャルゲーム『グランブルーファンタジー』などを手がけており、働くインターンは営業、エンジニア、Webデザインなどさまざまな業務に携わることができます。

株式会社サイバーエージェント

●Retty株式会社

「食を通じて世界中の人々をHappy に」というミッションのもと、月間利用者数2,200万人を超える実名型グルメサービス「Retty」を運営しています。グルメ手当が月に1万円も支給される、“食”への愛が止まらないベンチャー企業です!企画開発、メディア運営、広告運用、Webデザインなど、いろいろな部署でインターンが活躍しています。

Retty株式会社

●株式会社キュービック

株式会社キュービックは「ヒト・オリエンテッドなデジタルマーケティングで、みんなの明日が変わるキッカケを生み出し続ける」をミッションに掲げるデジタルマーケティング企業。“良い引越しだった”、そう振り返れる人を少しでも増やす『いい引越し.com』などの自社メディア事業や成果報酬型の集客代行事業を手がけています。全従業員250名のうち、なんと6割がインターン!メディア運営や広告運用はもちろん、人事や広報、事業戦略や経営企画まで、幅広い業務に携わりながら高い実務経験を積むことができます。

株式会社キュービック

インターンが自社の魅力をプレゼン!

株式会社サイバーエージェント

3ibe2

「サイバーエージェントグループでインターンシップをする一番の魅力は、学生がチャレンジできる機会に恵まれていること」。そう話すのは、株式会社サイバーエージェントのグループ会社(株式会社ハシゴ)でインターンシップをしている後藤啓太朗さん。

現在、株式会社サイバーエージェントグループへの採用窓口として、面談や紹介などインターンの採用業務に携わっています!

株式会社サイバーエージェントさんの採用基準は、「素直で、イイヤツ」かどうか。特別なスキルや才能を重視するのではなく、それよりも一緒に働きたいと心から思える人を採用しているそうです。

Retty株式会社

3ibe3

「おいしいものを食べているときって、すごく幸せじゃないですか?」と、プレゼン開始早々参加者に問いかけるのは、Retty株式会社採用チーム所属有馬拓未さん。

3ibe4

多くの参加者が笑顔でうなずいていました。ちょうど夕飯時ということもあり、この問いには誰しもが共感しかできない様子。(ちなみに私はしゃぶしゃぶのことを考えて、幸せをひとり噛み締めていました。)“食”は誰もが共通して幸せを感じられる、大切な習慣なんですね!

「Rettyの長期インターンとして働く最大の魅力は、目の前のことに“本気”で打ち込めること」と有馬さん。仕事に熱心なメンバーばかりで、インターンのなかにはわざわざ夜行バスに乗って、関西から東京のオフィスに通う人もいるんだとか!

株式会社キュービック

3ibe5

最後は、『ヒト・ファースト』を経営理念に掲げる株式会社キュービック。正能由佳さんは現在、経営推進室(旧:社長室)でインターンの採用業務をメインにおこなっています。つい先日おこなわれた下半期の総会では、新人インターン賞に表彰されるなど、社内からも一目置かれる存在です!

3ibe6

従業員の6割が長期インターンというのがキュービック最大の特徴。インターンの数が多いということは、それだけ切磋琢磨できるライバルがたくさんいるということ!そういう環境に身を置くことは自身の成長スピードを加速させますし、成果を出せたときにつく自信も大きいですね!

率直な意見が飛び交う座談会

各社の説明会のあとは、グループにわかれての座談会へ!ここで少し、各グループをまわっていきたいと思います。

自分の武器がほしかった

3ibe7

こちらは、株式会社サイバーエージェントさんのグループ!盛り上げ上手のインターンによる軽快なトークで会場は和やかな雰囲気に。

3ibe8

相馬隆平さんは大学3年生まで大学生活の全てを放送研究会に注いでいました。現在は休学をしてインターンシップに精を出しています!

3ibei8
長期インターンシップを始めたきっかけはなんですか?

3ibei4
就活です。
どうやって就職先を選べばいいのか、僕にはわからなかった。そこまで高学歴でもないし、特技と言えるものもないので、何か戦える武器が欲しいとも思っていました。そこで考えたのが長期インターンシップです。実際に働いてみれば企業選びの判断材料が十分手に入るし、自分の強みを知るきっかけにもなるので戦うための武器だって手に入る。これはいいと思いました。

3ibei5
大学生のうちから社会人のなかで仕事をしていると、自分にはどんな業務が合ってるのか、逆にどんな業務が合わないのか分かってくるんです。だから、長期インターンシップは絶対にやってほしいですね。

3ibei8
なんだか興味がわいてきました…!ちなみに、長期インターンは短期インターンと比べてどんなメリットがあるんですか?

3ibei5
やっぱり、現場のリアルを知れることですね。長期インターンシップでは、短期と違って任される仕事の裁量権が高い。その分責任も伴いますが、だからこそ、現場のリアルを肌で感じて「働く」という感覚をつかむことができるんです。短期インターンシップは、ただ単純に企業への理解深める場だと思います。

3ibei8
目的によって、選択がかわってくるんですね。今はやりたいことがなくて、自分に合う仕事も分からない状態だし……。長期インターンシップやってみようかな!

必要なのはスキルよりマインド!

3ibe9

Retty株式会社で採用業務に携わっているインターンの武藤愛菜さん(写真左)は、他企業でのインターンシップ経験もあるそうです!

3ibei8
どうしてインターンシップをはじめたんですか?

3ibei6
私は、数社でインターンをしていたのですが、Rettyで長期インターンシップを始めたのは3年生の半ばでした。やり始めてみて、もっと成長したい!って思ったんです。それまでは大学の授業があり週2〜3くらいでしか働けてなかったので。だから、休学してインターンシップに打ち込むことにしたんです。思い立ったが吉日なので、すぐに両親に言いました、「一年休みます」って(笑)。

3ibei8
すごい行動力ですね…!私は、特別なスキルも能力も何もないので、自分がちゃんと働けるのか不安でなかなかインターンシップに踏み出せずにいます……。

3ibei6
私は、スキルよりマインドが大切だと思っています。とりあえず最初のうちは、素直で言われたことを吸収する力とか、頑張る気持ちがあればそれだけで十分です。それに、大学生活だけだとどうしてもコミュニティが狭くなりがちですよね。だからこそ、人脈を広げるという意味も含めて、一度その学生のフィールドから出て、社会に出るっていう経験をしてみてほしいです。

3ibei8
ほっとしました!武藤さんは数社でインターンシップをしていたということでしたが、他企業と比べたRettyの魅力などはありますか?

3ibei6
Rettyでは、インターンにもちゃんと意思決定ができるチャンスを与えてもらえます。会社説明のときに有馬が言っていたように、学生が社会人に交じり“本気”で仕事に打ち込める環境はRettyが一番かなと思います。

長期インターンシップだからこそ得られたもの

3ibe11

株式会社キュービックの高杉涼平さん。会社説明で登壇した正能さんと同部署の経営推進室でインターンをしています。普段は講義の合間を縫って会社に来ているそうで、フリーシフト制で働けるキュービックの環境を最大限活用しています!

3ibei8
長期インターンシップの就業期間に決まりってあるんですか?

3ibei3
最低でも6ヶ月です。インプットに3か月、アウトプットに3か月。スキル面でもそうですが、ビジネスパーソンとしてのマインド、自分がどういうスタンスで働くのかを知るため6ヶ月は必要かなって思います。

3ibei8
そうなんですね!今サークル活動が忙しくて、それだけで精一杯なんです。でもインターンもしてみたいし…。

3ibei3
私も、サークルを4つ掛け持ちしていた時期がありました。幹事長とかもしてたんですよ。授業も忙しくて、そのうえ留学も考えていました。

3ibei8
すごい……!どっちをやるか、ちゃんと決めたほうが良いんですかね?

3ibei3
私はインターンに絞りました。たくさんのことを経験するのも大切だけど、全部を同時進行するのって結構しんどいですよね。サークルと長期インターンシップ、どちらかを選ぶことも大事。悩んで意思決定をしたことによって自分の選択に責任をもつことができます。それが大切なことだと思います。

3ibei8
ITって、なんだか難しくて正直よく分からないんですけどそれでもインターンとして働けますか?

3ibei3
その気持ちわかります(笑)私も最初は同じことを思っていました。でも、最初から「ITベンチャーに入りたい」ってインターンをはじめる人って、そんなに多くはないんです。違う業種に就職したい人もいます。でも、私の場合はベンチャーで長期インターンシップをしたおかげで、選択肢が広がったんですよね。面白い会社がたくさんあるんだってことを知ることができて、自分の視野も広がりました。それがとても意味のあることだと思うんです。

3ibe12

緊張気味だった参加者も、終盤はやわらかい表情に!長期インターンシップに対する考え方がかなり変わってきたのではないでしょうか!

1時間に及ぶ座談会はここで終了!

3ibe13

3ibe14

イベント終了後も、長期インターンシップに興味深々な参加者と登壇者の交流は続いておりました!

颯爽と会場を後にする参加者を直撃!イベントの感想をきいてみました!

3ibei1
イベントに参加されていかがでしたか?

3ibei8
同年代で自分と同じ考えや境遇の人に会えて良かったです!キラキラした人に憧れがあるのですが、ベンチャーで働くひとの、生き生きと輝いた瞳を拝めることができてよかったです!

3ibei1
分かります!どなたもキラッキラ輝いてましたよね!これから長期インターンシップをする予定はありますか?

3ibei8
インターンの皆さんのお話を聞いて、長期インターンシップをやってみようと決心しました!変化の激しい環境でバリバリ働きたいんです。枠におさまらない、やりたいことをすぐにできる社風ってすごく自分に合っていると思いました!

3ibei1
それは嬉しいですね。やりたいこと、たくさんチャレンジしてください!

3ibei8
はい!自分から動いていけば、可能性はたくさん広がると思いました!

3ibei1
わぁ、すばらしいお言葉……。気付いていないかもしれないけど、あなたの瞳だって負けないくらいキラキラ輝いていますよ!

イベントを終えて

2時間に渡るイベントはあっという間に終了。

3ibe15

特に印象的だったのは、登壇者の方々がとても楽しそうにインターンシップの話をしていたことです。会場ははじける笑顔であふれていました!

3ibe16

何かに“本気”で打ち込むことはとても楽しいことなんです。長期インターンシップは、学生生活では得られない貴重な環境を学生たちに惜しげもなく与えてくれる場なんだと再確認することができました!

3ibe17

「インターンに興味はあるけど一歩を踏み出せない……」「スキルも何もない私にできるのかな?」そんな風に悩んでいるそこのあなた、ほんのちょっと勇気を出して長期インターンシップをはじめてみませんか?今この瞬間の決断が、自分の未来を大きく広げてくれるかもしれません!

3ibe18

最後に参加者×登壇者のうれしはずかしな素敵ショットと共にお別れです~!

キュービックでは新しいメンバー(社員・インターン)を募集中!

採用エントリーはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る