働くって、こんなにたのしい!!今年の夏もキュービックに高校生がやってきた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
IMG_2660 (2)

こんにちは!経営推進室PRチームの田中です。

DSC_0870

毎朝10時からおこなわれている朝会(詳しくはこちらの記事参照:)ですが、今日は特別なゲストがいます!キュービックメンバーの視線の先には……

DSC_0336 (1)

高校生が!

実はこれから、ジョブシャドウイングと呼ばれる、高校生が企業で働く大人に密着して”仕事”を体感するイベントがはじまるんです。

ジョブシャドウイングってなに?

j3

ジョブシャドウイングとは、その名の通り、影(シャドウ)のように企業の従業員に密着し、仕事をしている様子を観察したり、実際に業務を体験したりする取り組みです。高校生に、自分の将来の働き方・生き方を考えてもらうキッカケをつくってもらう目的があります!

学生時代には接点の少ない社会人に会って話を聞くことで、新たな価値観や考え方を知ることができます。ジョブシャドウイングを通して高校生に、キュービックの魅力や働くリアルを知ってもらえるキッカケになるといいですね。

ということで、今回は2日間に渡っておこなわれたジョブシャドウイングの様子をお届けします!

テーマは「ライフワークで仕事をしよう」!

IMG_2243

今年のジョブシャドウイングの企画・進行を務めた経営推進室人事企画チームのインターン西井萌花(にしい・もえか)さんは、テーマについてこう語ります。

「ライフワークとは、スキルアップややりがい、充実感や達成感、一緒に働く仲間の存在や人間的成長といった人生の豊かさを、仕事をすることで得られている状態だと思います。実際にキュービックでは、仕事だからと割り切った付き合い方ではなく、一個人としてメンバーひとり一人の人生に寄り添うことをとても大切にしています。参加する高校生には、”ライフワークで仕事をする”というのがどういうことなのか、働くことの楽しさを知ってもらいたいと思い、このテーマにしました」

キュービックだからこそ伝えられる、働くことの楽しさを高校生に持ち帰ってもらえる2日間にしたいですね!

まずはキュービックのことをざっくりと知ってもらおう!

DSC_0835

実際に各部署を回る前に、まずはキュービックという会社の基本情報を。キュービックは何をやっている会社なのか、どんな部署があるのか、それらの部署ではどんな仕事をしているのか、キュービックが大切にしている「ヒト・ファースト」という理念とはどんなものなのか、などなど。インターンの中村真也(なかむら・しんや)さんから高校生に説明します。

j2

各部署を見学しよう!!

キュービックについてざっくりと知ってもらったあとは、各部署を訪問。実際に部署で働くメンバーと話したり、簡単なワークをしてもらいながら、より具体的な仕事内容について触れてもらいます。部署ごとの仕事内容だけでなく、人事・広報・営業・マーケティング・エンジニアなど、さまざまな部署の人たちが協力し、支え合うことで、会社全体として成果を上げていくということも、高校生に伝えられたら良いですね。

経営推進室

IMG_2628

まずは経営推進室。採用(HRチーム)・育成(人事企画チーム)・広報(PRチーム)・カルチャー推進(コーポレートデザインチーム)という機能を備えた部署です。キュービックの勝ち筋となるヒト・組織・カルチャーのあるべき姿を志向し、ヒト・ファースト経営を推進するというのがミッション。

DSC_0092

そんな経営推進室は、自部署の仕事を、高校生もイメージしやすいであろうRPGゲームに例えて説明していきます。

j1

まず、PRチームHRチームが、よき”戦士”を集めてくる。その後、人事企画チームが、戦士ひとりひとりに必要な武器や道具を装備する。そして、コーポレートデザインチームが戦士たちを束ね、戦隊としての力を最大限発揮できるような仕掛けを施す。

IMG_2623

RPGの世界に置き換えた部署の説明は、高校生のハートにジャストフィットしたようです。ただ一方的に業務説明をするだけでなく、緊張気味の高校生の視点に立ち、リラックスさせるための配慮もかかさない経営推進室のメンバー。私も同じ経営推進室の一員として、とても誇らしい思いでした。

コーポレートサポートチーム

DSC_0096

続いて訪れたのはコーポレートサポートチーム。

会社の急成長に合わせて、必要な制度や社内環境の整備などをおこなっています。コーポレートサポートチームのビジョンは「従業員が安心して働ける環境づくり」というもの。事務的な業務だけではなく元気がないメンバーがいれば積極的に声をかけるなど、心理面のサポートも欠かしません。

DSC_0110

イメージの湧きづらいバックオフィスの仕事に、難しそうな表情を浮かべる高校生。そんな様子を察したメンバーがすかさず「学校でいったら風紀委員とか生徒会とかかな」とわかりやすく説明します。すると、高校生も腑に落ちた様子で頷きます。

コーポレートサポートチームのメンバーは、この仕事のやりがいを「会社の成長を肌で感じることができる」ところだと笑顔で語ります。コーポレートサポートチームの会社への想い、全力のサポートが高校生に伝わったようで、真剣に説明に聞き入っていました。

コンテンツディビジョン

DSC_1011

続いては、日本最大級のFX比較・入門サイト『エフプロ』をはじめ、さまざまなコンテンツの企画や運営を担う、コンテンツディビジョン。ユーザーのニーズ調査からページ企画といった、コンテンツ作りの基本を体験形式でレクチャー。画面の向こう側の”ヒト”と向き合う大切さ・難しさを高校生に伝えます。

DSC_1000

同部署のシニアマネージャーも、期待を寄せる部下たちが高校生にレクチャーする様子を、しっかりと見守っています。

DSC_0149

「みんなの将来の夢は??」と、軽いトークを交えながら、和気あいあいとした雰囲気でワークは進んでいきます。

j4

ホワイトボードには、高校生たちの将来の夢がそれぞれ書かれていました。どれも素敵な夢ばかりです。まっすぐな瞳で将来のことを話す高校生を見て、私自身も働くことの楽しさについて、再確認させられました。

DSC_0189

ワーク終了後、達成感のある皆さんの表情を逃さぬよう、記念撮影!高校生にはワークで、多くのユーザーがクリックしたくなるような記事タイトルを考えてもらいました。ユーザー目線のキャッチ―なタイトルが多く挙がり、レクチャーを担当した同部署のメンバーも感心した様子。「お、このタイトル良いね!実際に使わせてもらおうかな(笑)」なんて言葉が飛び出すと、高校生も嬉しそうに照れ笑いしていました。

高校生×キュービックメンバーでランチタイム!

IMG_7555

お昼休みは、普段社内で毎月実施しているパワーランチを高校生にも体験してもらいました!

パワーランチって?

社内コミュニケーション活性化施策のひとつです。部署の壁を越えてシャッフルされた4~5人のメンバーで、月に一度ランチをしています。普段関わりの少ない人と交流し、新たな気づきを得たり、シナジーを生むきっかけとしたり、所属部署関係なく気軽に相談できる関係を構築したりしています。

DSC_0950

高校生も美味しいご飯を食べながら、キュービックのメンバーと和やかに会話を楽しむことが出来たようです。場が盛り上がってくると、所属サークルや好きな芸能人についてなど、部署見学のときには出なかったフランクな質問も飛び出しました。リフレッシュして、後半のジョブシャドウイングにも楽しんで臨むことができそうですね!

ジョブシャドウイングレポート前編はここまで。後編では、ますます盛り上がりをみせる部署見学の続きをお届けします!

おまけ

休憩中、不思議そうな顔をして一点を見つめる高校生の男の子がいたので声をかけてみると……

「あの……会社のいたるところにある、これってなんなんですか?」

IMG_2877

これ。

どうやらこの、テンションの高いマリモのような存在が、高校生を動揺させていたみたいです。ちなみにこれはクッシュボールといって、会議や仕事中、手でくしゅくしゅすると良いアイディアが生まれる(かもしれない)というアイテムです。わたしも試してみたことがあるのですが、驚くことなかれ、これが本当に効果があるんです。

説明すると、高校生はおそるおそるクッシュボールを手にとってさまざまな角度から眺めていました。キュービックで刺激的な未知との遭遇を果たすことができましたね。

キュービックでは新しいメンバー(社員・インターン)を募集中!

採用エントリーはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る