ワイン愛飲家が集まるソムリエ主催のワイン会開催!「parQ」からのレポート!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

他社との合同イベントや交流会を数多く実施しているキュービック「parQ」。今回は、その中の1つ「ワイン会」という面白い取り組みをご紹介します。

ワインを味わいながら他企業との交流を深める

株式会社キュービック ワイン会

「ワイン会」は、ワインについて語り合いながら、他企業との交流を深めようというも。参加者が在籍している会社のイベントスペースを順番に貸し切って、1〜2ヵ月に1度行われています。

株式会社キュービック ワイン会

そしてこちらの男性が「ワイン会」を主催している、JSA認定ソムリエの浦川哲矢さんです。『星のや京都』の開業に携わった後に起業し、ワインのコンサルティングやさまざまなワインイベントを企画・実施しています。

株式会社キュービック ワイン会

今回集まったのは、浦川さんのFacebook投稿で開催を知った、ワインをこよなく愛するビジネスマン約20名。海外での買い付けも行う浦川哲矢さん。この日のために13本ものワインをセレクトしてくれました。

近所のスーパーでも2,000〜3,000円台で手頃に買える「コート・ド・プロヴァンス・ロゼ(ロゼ)」をはじめ、1本7,000円以上のものまでバリエーション豊かなラインナップ。

株式会社キュービック ワイン会

参加費は1人6,000円。市場では手に入りにくいワイン十数種類を飲み比べられると、 終始笑顔の参加者。

株式会社キュービック ワイン会

会場のテーブルにはワインはもちろん、ワインとのマリアージュを存分に堪能できる、ペンネやフライドポテト、スモークチキンといったお料理も並べられていました。

「ワイン会」の目玉は、1本16万円もする「シャトー・ラトゥール(1986年)」

株式会社キュービック ワイン会

今回のイベントの目玉となっているワインが、フランスボルドー地方を代表する「シャトー・ラトゥール(1986年)」。浦川さんによると、ワイン好きなら誰もが一度は飲んでみたいと憧れる高級赤ワインなのだそうです。

凝縮された果実のアロマと力強いタンニンが特徴で、その深い味わいは世界でもっとも影響力のあるワイン評論家、ロバートパーカー氏も太鼓判を押すほど。

株式会社キュービック ワイン会

普段は滅多にお目にかかることのできない「シャトー・ラトゥール(1986年)」が登場すると、「お〜!!」と場内に歓喜の声が

株式会社キュービック ワイン会

浦川さんは、自前のワインオープナーで、酸味やエグ味の原因となる沈殿物が上がってこないよう、丁寧にコルクを開けていきます。

そして、その瞬間を写真におさようと懸命にシャッターを切る参加者たち。

株式会社キュービック ワイン会

グラスに注がれた上品なガーネット色が、なんとも言えない美しさ。

株式会社キュービック ワイン会

参加者は、それぞれ持参したマイワイングラスで、「シャトー・ラトゥール(1986年)」の味を噛み締めています。

飲んだ感想を聞いてみると、「奥行きのある味わいと芳醇な香りの余韻を長く楽しむことができ、ほかの赤ワインには出せない深みがある」。

株式会社キュービック ワイン会

その後も、ワイン好き同士、飲んだ感想をお互いに言い合いながら会話を楽しんでいるようすが印象的でした。

株式会社キュービック ワイン会

今回は、キュービックで行われた「ワイン会」のようすをお届けしました。6、7月にも開催予定とのこと。 珍しいワインを飲み比べできるのはもちろん、共通の趣味を持つ人との交流のキッカケにもなるので、ぜひ参加してみてはいかがでしょうか?

キュービックでは新しいメンバー(社員・インターン)を募集中!

採用エントリーはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る